Enjoy the Simple Pleasures

いよいよです❗️

来週6月17日から札幌を皮切りに始まる吉岡敏朗監督2022年北海道ツアー❣️

吉岡監督プロデュースの新作を含め、過去のさまざまな作品の上映会が道内各地で開催されます❣️ イベントやらコラボやらの企画が山盛りなので、ぜひこちらのFBにてご確認を👍

HOKKAIDian Homesteadでは、
吉岡監督プロデュース、吉島陽子監督のデビュー作「あわひ〜いのち奏でる物語〜」を朝晩2回上映します。

予告編を観るだけでかなり涙腺がヤバい状態…。当日は魂が大きく揺さぶられること間違いない感覚…。ティッシュとハンカチをお忘れなく😁

ホームステッドでの吉岡監督の上映会は今年で3年目。毎回一人でも多くの方とこのなんとも言えない感覚を共有したい❗️と切望する作品ばかりです。

直接監督と語り合える貴重な機会❣️
ぜひぜひ一つでも二つ三つでも、この機会をお見逃しなく😊

昼の部: 9:30~上映会スタート,11:30~トーク&交流会
夜の部: 19:00~上映会スタート,21:00~ トーク&交流会

参加費: 上映会のみ2,500円,食事&ドリンク付き3,500円

「あわひ 〜いのち奏でる物語〜」 -80分-
2021年作品=解説=
タイトルの「あわひ」とは、
生と死のはざま。そして生死の尊さ。
向かい合うものの“あいだ”を意味するものです。
また、赤ちゃんが生まれたとき母親が抱く“ほのかな(淡ひ)”感覚をあらわしたものです。

◆ストーリー
宮城県に住む助産師・須江孝子さんは、二度の癌を克服した経験から学んだ自然に即した助産術で長年様々なお産に立ち合ってきました。そして今度は徳島県の神山町へ。自宅お産を希望する山下智子さんの助産をするためです。お産の痛みと喜び。それをあたたかく、また力強くサポートする須江さん。映画はこの他、お母さん、子ども、助産師さん、末期癌患者の姿や声をちりばめ、いのちの美しさを紹介してゆきます。

=スタッフ=
プロデューサー:吉岡 敏朗
監督:吉島 陽子
ナレーション:神代 知衣
音楽:原 淳子/あやとぶったん/成川 正憲/日向ぼっこ/大久保 貴寛/今井 てつ
メイン絵画:さがわ はるな


制作:Apple of Eyes<予告編>
https://youtu.be/0e9Tc-PG5X0✴︎

【映画監督:吉岡 敏朗】
1956年 松江市出身。
大学で映画の監督法を学び卒業後様々なジャンルの映画・映像制作を行い、作品本数は300を超える。高校の頃より日々ヨガを実践、また福岡正信との出会いを契機に自然農法の援農も行うなど、ドキュメンタリー映画作法の原点には自然の哲理が息づく。
受賞歴多数。
<代表作>
●「つ・む・ぐ 〜織人は風の道をゆく〜」(2013年)
インドネシア 国際スピリチュアル映画祭 佳作
リッチモンド国際映画祭 佳作●「麻てらす 〜よりひめ 岩戸開き物語〜」
ロンドン インディペンデント映画賞 佳作
パームスプリングス・カンナビス映画祭&サミット 入選
カナダ国際映画祭 優秀賞●「麻てらす番外編 〜やまさん余命半年の挑戦〜」(2020年)
シルクロード映画賞 優秀賞
ニューヨーク国際映画賞 優秀賞✴︎

【監督:吉島陽子】 幼稚園教諭9年。子どもの生きる力・笑顔を探求しているうちに”氣”や”お産”の世界と結びつく。自身も野口整体を取り入れ男子を助産院にて出産する。幼少期より”氣”を色で感じる能力があり、人や場所から感じとった色と光を表現した新感覚アートも制作。
日本発祥の直伝靈氣療法を通して何千人もの心身の改善に携わる。「あわひ」は初監督作品

お申込み・お問い合せはこちらまで